マザーボード

自作PCを作ろう!

                  マザーボードの種類


TOP>マザーボードの種類〜マザーボードの現在〜

マザーボードの種類

マザーボードはCPUやメモリー、ハードディスクやDVDドライブなどを接続しコントロールするための基板です。

使用するCPUによって対応するマザーボード上のチップセットやメモリーの種類が異ってきます。

チップセットは各デバイスとのI/O的な存在であり、RAID機能やデュアルチャンネルでメモリーを使用したりと、内部の高速伝送を実現するなどPC全体のパフォーマンスに影響するところが多く、出来れば最新のチップセット搭載のものを購入して行きたいところです。

最新のIntelであればP35もしくはG33辺りであれば高いパフォーマンスを得ることができます。

当然の事ですがintel系CPUとAMD系CPUでは仕様が異なります。
しかも同じメーカーのCPUでもチップセットやソケットによっては使用できませんので確認が必要です。

最近ではIEEE1394やUSB2.0、1GBLANが標準で搭載されているものが多く、IDEもシリアルATAに変わりつつあります。

同時にハードディスクなどを購入する場合は、IDEよりもシリアルATAをお勧めします。ケーブルもパラレルではなくシリアル用で細いケーブルが使用でき、PCケース内のエアフロに悪影響が少なく高温化するCPUを搭載するならぜひともシリアルATAのハードディスクにしましょう!

ちなみに製品規格でATX、Mini-ATX、microATX、FlexATXがあります。通常のタワー型ケースであれば、ATX仕様となります。

エアフローの充実したケースを選ばないと、CPUやハードディスクの熱問題に悩まされますので、少々高くても良いものを選びましょう。








自己紹介

CPUの種類

マザーボードの種類

メモリーの種類

ハードディスクの種類


グラフィックボードの種類
DVDドライブの種類

サウンドボードの種類

オペレーティングシステムの種類

バイオスについて
いろんなサイトのリンク集!

リンク1 リンク2

リンク3 リンク4

リンク5 リンク6

リンク7 リンク8

リンク9 リンク10