DVDドライブ

自作PCを作ろう!

                   DVDドライブの種類


TOP>DVDドライブの種類〜DVDドライブの現在〜

DVDドライブの種類

DVDドライブはCDと同じ光ディスクメディアで、物理的な形状もCDと同じく直径12cmの樹脂製円盤である。

両面に記録するタイプのDVDドライブ製品もありフロッピーディスクのようにカートリッジ式で販売されているのもあります。

読み出し専用の”ROM”、一度だけ書き込める”R”、ほとんどのDプレーヤーで再生可能なまま書き換えを可能にした”RW”、フロッピーディスクと同じような使い勝手を持つ”RAM”の4種類がある。

DVD-RW/-RAMは相変化光ディスクの一種で記録型を巡っては業界内で規格の分裂があり、”-R”、”-RW”には、対抗規格の”+R”、”+RW”があります。

読み出しの原理はCDとほぼ同じで、ディスクの表面にレーザー光を照射し、その反射光を検出してデータを読み出します。CDと比べてデータの記録密度が高くなっており、1枚の片面にCD7枚分から12枚分程度のデータを記録できます。

CDと違って両面記録、2層記録などが可能で、最大記憶容量は片面1層記録で4.7GB、片面2層記録では8.5GB、両面各1層記録で9.4GBとなっています。

最近では価格も低下しており、メーカー製ドライブでも1〜1.5万円ほどでも2層タイプが購入出来るようになりました。

製品を選ぶ基準は読み書きのスピード性能で、メディアの対応によっては片面2層タイプでは8倍速などの製品もあり、待ち時間の短縮も視野に入れて製品を選びましょう!







自己紹介

CPUの種類

マザーボードの種類

メモリーの種類

ハードディスクの種類


グラフィックボードの種類
DVDドライブの種類

サウンドボードの種類

オペレーティングシステムの種類

バイオスについて
いろんなサイトのリンク集!

リンク1 リンク2

リンク3 リンク4

リンク5 リンク6

リンク7 リンク8

リンク9 リンク10